おやすみカバーで覆って鳥が窒息しないか不安なのですが。

ペットの様子をよく観察していただき、ご使用方法を守ってお使い頂ければ問題ございません。
通気性の確保、使用していただく際のポイントをまとめましたのでご参照ください。

・ケージの上部の取っ手用の穴を塞がないでください
・カバーの裾がケージより長い場合には、ケージの高さに合わせてたくし上げてください
・カバー側面のマジックテープ部分の隙間にゆとりをもたせて止めてください
・暖房器具との併用はお避けください
 (カバーの変形・火災の原因や、酸素濃度が下がる恐れがあります)
・複数羽がいるケージには 十分様子を見ていただき、お客様のご判断でご使用ください
・ペットの個性もありますのでカバーを怖がるような場合にはご使用をおやめください

これらのことをご考慮いただいた上で、なおご不安がある場合には、ご使用を中止して頂きますようお願いいたします。ご了承ください。
ペットの種類・性格・行動を十分に把握し、ペットの個性に合った飼育環境をご選択、お考え下さいますようお願いいたします。