ステンレスとメッキの製品の見分け方はありますか?

判別方法としましては、磁石を使った方法がございます。
鉄製の線にメッキを施したものは磁石がぴったりと付着し、ステンレス製のものは、磁石の付きが弱めのものになります。
ステンレス品は、曲げなどの製造工程により磁気を帯びる場合がございますが、メッキ品ほど磁石がくっついたまま離れないような付き方にはなりません。

ステンレスには中でもいくつか種類があり、HOEIのステンレス製品は、主にsus304(オーステナイト系ステンレス材)を使用しております。
この材質は、磁性のない (磁石につかない) 材料ですが、厳しい曲げや絞りなどの冷間加工を加えると加工部分の金属組織がマルテンサイトという金属組織に変形し、その結果磁性を持つようになります。

鉄とステンレスの重さはほぼ同じのため、重さで区別することはできません。

色合いににつましても若干の違いがございます。
色合いのみで判別することは難しいですが、メッキの品は若干青みがかった(すこし暗い)銀色をしておりますが、ステンレスの品は若干明るめの暖色系の銀色をしております。