よくある質問|鳥かご・ペットケージはHOEI|豊栄金属工業㈱

faq

よくある質問

HOEI製品に関するよくいただくご質問のページです。
お問い合わせ前にご確認ください。

はじめに
お読みください

HOEI製品の取り扱いについて

HOEI製品の取り扱いなどにつきましては、はじめにこちらをお読みください。

  • ペットは生き物です。生きていく時間の中で危険な行為をしたり、突発的な事故やケガ、逃げ出してしまう可能性もゼロではありません。
  • 日頃からペットの様子をよくご覧いただき、ペットの種類・性格・行動を十分に把握し、それぞれの個性にあった製品・飼育環境をご選択・お考えくださいますようお願い申し上げます。
  • 製品には万全を期しておりますが、溶接はずれ・割れなどがないか、ご使用前に必ずご確認ください。
  • 万が一、製品に初期不良が見られた場合はご使用にならず、お手数ですが速やかにご購入いただいた販売店様までご連絡ください。
    そのままご使用されると、事故やケガ、逃げ出しなどの危険性があります。
  • また、一度使用済みとなってしまうと販売店様によってはご返品・ご交換の対象外となってしまう場合がございます。ご使用前に十分ご確認ください。
  • ケージはお手入れの際に強い洗剤を使ったり、力を入れて強く擦ったりしないでください
    サビ・キズ・変色の原因や、劣化を進行させるといった恐れがございます。
  • 銀メッキは水に弱いため、長時間水にさらしたり、湿度の高い環境に置かないでください。また、
    洗浄されたあとは必ず水を拭き取ってください。
  • 製品の改造、例えば表面に錆止めを使用されたり、やすりがけや塗装といった処理を施される場合は自己責任にてお願いいたします。
    こうした処理の結果、何らかの問題が生じた場合、弊社は責任を負いかねます。ご了承ください。

ご購入について

カタログ請求方法を教えてください。

冊子でのカタログ発行は終了いたしました。
電子版カタログを掲載しておりますのでこちらをご参照ください。
HOEI製品カタログ

この製品を店頭で販売しているお店を教えてください。

HOEI製品の取り扱い・店頭販売の有無については、各店舗様により異なります。
お手数ですが店舗様へ直接ご確認ください。

ケージ付属品(オプションパーツなど)だけでも購入できますか?

現行製品のケージ付属品は、基本的にご入手可能です。組立説明書に記載されている各部品単位での販売になります。
(例:組立説明書に記載の「ホールダー付止まり木12Φ250mm」は販売がございますが、プラスチックのホールダーの部分のみなどのように、記載のないパーツは販売できません。)

JANコードのあるパーツは、店舗様・ネットショップ様からお取り寄せいただくか、もしくは弊社直販サイトにて掲載があれば、ご購入いただけます。
【鳥かご・ペットケージのHOEI直販サイト】

その他、直接のご購入につきましては「直接購入したいのですが可能ですか?」の項目をご確認ください。

直接購入したいのですが可能ですか?注文方法は?

弊社直販サイトに掲載がある製品・パーツにつきましては、下記サイトよりご購入が可能です。
【鳥かご・ペットケージのHOEI直販サイト】

こちらの直販サイトでは、みなさまにお気軽にご購入いただけるようプレミアムケージ、ケージ用品、アウトレット品を中心に取り扱っていく予定です。

直販サイトに掲載のないパーツにつきまして

こちらの直販サイトでは、ケージパーツ・直販限定ケージ・アウトレット品を中心に取り扱っております。
全ての商品は取り扱っておりません。こちらに掲載のないHOEIケージにつきましては、他販売店様よりお求めください。

弊社はメーカーのため、メーカー希望小売価格での販売が基本となります。一般市場価格よりも高価になってしまう場合がございますので、基本的に店舗様・ネットショップ様からのご購入・お取り寄せをおすすめしております。

店舗様にパーツの取り扱いがない場合やご購入が困難な場合は、直接のお取引をお受けいたします。お取引に際し下記の内容につきまして、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

  • メーカー希望小売価格となるため、市場価格よりも高価になってしまう場合がございます。
  • 別途送料・消費税などが発生いたします。(個人のお客様向け配送は1個口ずつの配送になります)
  • 別途ご用意になるため、発送までにお時間をいただく場合がございます。
  • 以下の項目を弊社お問い合わせフォームよりご連絡ください。

1.ご希望のパーツ名
2.JANコード(4963067-下6桁の番号) ※お分かりの場合
3.ご希望の個数
4.お届け先のご住所
5.郵便番号
6.お名前
7.お電話番号

ご案内可能な品の場合は、担当者が折り返しお見積もり・お取引方法についてご案内いたします。お支払方法はヤマト宅急便コレクト 代金引換になります。

 

直販サイトについて

直販サイトについて教えてください。

直販サイトにつきまして詳しくはこちらをご確認ください。
【Q&A|鳥かご・ペットケージのHOEI直販サイト】

HOEI製品について:
全般

組立説明書をなくしてしまいました。どこかで見られますか?

各製品ページに説明書のリンクがございます。印刷して保管されることをおすすめいたします。
PDF形式ファイルのため「Acrobat Reader(アクロバットリーダー)」をインストールのうえ、ご覧ください。

手のりケージと定番ケージの違いはなんですか?

HOEIの鳥かごは「手のりケージ」と「定番ケージ」の2種類がございます。
人に慣れた手のりの鳥さんには、大きく開く手のり扉がついた「手のりケージ」をおすすめしております。

ケージに消毒液をかけてもいいですか?

消毒液中の成分が金属に付着したままになり、サビや劣化の原因となりますのでお控えください。

熱湯消毒はできますか?お手入れ方法は?

プラスチック製品の煮沸・熱湯消毒はおやめください。変形や破損のおそれがあります。

また、アミ部分につきましても、メッキや塗装の劣化の原因になりますのでお控えください。ぬるま湯(人肌程度の温度)で洗い、よく乾かしてご使用ください。

ケージはお手入れの際、アルカリ・酸性洗剤、衣料用洗剤、研磨剤、金属たわしでは洗わないでください。サビ・キズ・変色の原因や、劣化を進行させる恐れがございます。

また、銀メッキは水に弱いため、水や潮風にさらしたり、湿度の高い環境に長時間置かないでください。

ケージは通常は水洗い、汚れがひどくやむを得ない場合は台所用中性洗剤とともに柔らかいスポンジをご使用になりながら洗ってください。必ず水を拭き取ってよく乾かしてください。

サビ・キズ・変色の理由が上記のような原因であれば、ご返品・ご交換がお受けできなくなる可能性があります。ご注意ください。

表面に錆止めを使用されたり、やすりがけや塗装といった何らかの処理を施された場合、弊社は責任を負いかねます。ご了承ください。

お手入れ方法についての詳細は、【はじめにお読みください】にも記載がございます。

  • ケージはいつも清潔に保ってください。ノミ・ダニなどが発生しやすくなり、人やペットの病気の原因となります。
  • ケージは通常水洗い、汚れがひどくやむを得ない場合は台所用中性洗剤とともに柔らかいスポンジをご使用になりながら洗ってください。必ず水を拭き取ってよく乾かしてください。
  • アルカリ・酸性洗剤、衣料用洗剤、研磨剤、金属たわしでは洗わないでください。キズやサビ、変色の原因となります。
  • ケージの扉の開閉には充分に注意してください。扉の開閉により、ペットがけがをしたり、逃げたりする恐れがあります。

メッキの安全性は大丈夫ですか?

HOEIの銀メッキ製品は亜鉛メッキ後の処理に三価クロムを使用しております。

業界に先駆けて、鳥・動物に無害であり、環境にもやさしいメッキ処理を導入しておりますので、ご安心してお使いいただけます。さらに安全性を求められるお客様には、ステンレス製ケージもご用意しております。

ステンレス製ケージの材質について教えてください。

HOEIでは、ケージをより長くご使用いただけるよう、ステンレス製品にSUS304を採用しました。SUS304は腐食やサビに強く、食器や厨房の器具にも使用されている材料です。

ステンレスと鉄(メッキ)の重さや耐久性に大きな違いはございません。

ステンレス製品はアミに研磨を施しております。その際に焼け跡がつく場合がございますが、品質や安全性に問題はございません。

ステンレスとメッキの見分け方はありますか?

磁石を使った判別方法がございます。
鉄製の線にメッキを施したものは磁石がぴったりと付着し、ステンレス製は磁石の付きが弱いという特徴があります。

ステンレス品は、曲げなどの製造工程により磁気を帯びる場合がございますが、メッキ品のように磁石がくっついたまま離れないということはありません。

HOEIのステンレス製品は、主にSUS304(オーステナイト系ステンレス材)を使用しております。この材質は、磁性のない (磁石につかない) 材料ですが、厳しい曲げや絞りなどの冷間加工を加えると加工部分の金属組織がマルテンサイトという金属組織に変形し、その結果磁性を持つようになります。
鉄とステンレスの重量はほぼ同じのため、重さで区別することはできません。
色合いについても若干の違いがあり、メッキは若干青みがかった(すこし暗い)銀色、ステンレスの品は若干明るめの暖色系の銀色です。ご参考ください。

ケージの塗装をペットがかじっても大丈夫ですか?

破片が体内に入ることはないと思われますが、万が一体内に入ってしまった場合でも、塗装部分は樹脂ですので、体内で吸収されず排出される場合がほとんどです。

かじることが好きなペットさんの場合は、かじって遊べるようなおもちゃを一緒に入れていただくこともおすすめです。

また、鳥用ケージでさらに安全性を求められるお客様には、ステンレス製ケージもご用意いたしております。

465オカメの天井アミが開閉しにくいです

天井アミの前後が逆になっていたり、側面アミが天井アミに収まっていなかったり、サッシが最後まで通っていない等、組み立てが不完全になっているとそのようになる場合がございます。
組み立ての際は付属の組立説明書すべてに目を通して頂き、よく理解してから組み立てて頂きますようお願い致します。

HOEI製品について:
止まり木

「ホールダー付止まり木」の使い方がわかりません。

ホールダー付止まり木のご使用方法につきましてはこちらの説明書をご確認ください。
【HOEIホールダー付止まり木取り付け方法 説明書】

抗菌消臭ホールダー付止まり木につきましてはこちらの説明書をご確認ください。
【HOEI抗菌消臭ホールダー付止まり木 説明書】

横アミケージ付属の止まり木が長いです。

「35手のりホライズン」「465オカメ」「ハートフルキャリー」などの横アミケージは、止まり木が前後に動くことを防ぐため、長めに作られております。
取り付けが難しい場合、以下の方法をお勧めいたします。

  • 天井アミを組み立てられる前に、側面アミだけの状態でお取り付けください
  • 一度、止まり木を上から見て斜めに掛けていただき、その後前後にスライドして真っ直ぐになるようお取り付けください
  • 側面アミが外側に張り出すように、少し引っ張りながらお取り付けください

取り付けにはご不便な点があり誠に恐縮ですが、止まり木がケージから落ちにくくすることを優先した作りとなっております。ご了承ください。

木製製品のサイズが表記と若干違います。

木製品は天然の木材を使用しているため、湿気により大きさが多少変動することがあります。湿気の多い場所や、梅雨の時期など湿度の高い時期は、表記されているサイズと若干誤差が出る場合がございます。ご了承ください。

HOEI製品について:
おやすみカバー

どのおやすみカバーがどのケージに対応していますか?

以下が適応ケージ一覧となっております。こちらに記載のないケージは専用サイズのおやすみカバーはございません。

おやすみカバー Aタイプ ハートフルハウスL・35角シリーズ
おやすみカバー Bタイプ 35手のりシリーズ・35小動物・35小動物プラス
おやすみカバー Cタイプ ハートフルハウスM・21手のり・21DXシリーズ
おやすみカバー Dタイプ ハートフルハウス手のり・40手のり
おやすみカバー Eタイプ ハートフルハウスLL・465インコ・465インコ手のり・465オカメ・465オカメステンレス
おやすみカバー Fタイプ ハートフルキャリー

おやすみカバーとバードヒーターは併用できますか?

カバーの変形や火災の原因になりますので、暖房器具との併用はお避けください。

やむを得ない場合は、サーモスタットなど温度管理できる器具をお選びください。生体や本品から一定の距離を保てる場所に熱源を設置し、生体の様子に十分留意したご使用ください。

ケージ内部の温度が上がる場合は、前部分を開けて調節してください。

不向きと思われる場合のご使用はおやめください。
おやすみカバーは朝になったら必ず取り外し、換気をしてください。

おやすみカバーの使用方法につきましては、付属の説明書にも記載がございますのでご確認ください。

おやすみカバーで覆って、鳥が窒息しませんか?

ペットの様子をよく観察していただき、ご使用方法を守ってお使いいただければ問題ございません。通気性の確保、使用していただく際のポイントをまとめましたのでご参照ください。

  • ケージ上部の取っ手用の穴を塞がないでください
  • カバーの裾がケージより長い場合には、ケージの高さにあわせてたくし上げてください
  • カバー側面にあるマジックテープ部分の隙間にゆとりをもたせて止めてください
  • 暖房器具との併用はお避けください(カバーの変形・火災の原因や、酸素濃度が下がる恐れがあります)
  • 複数羽がいるケージには 十分様子を見ていただき、お客様のご判断でご使用ください
  • ペットの個性もありますのでカバーを怖がるような場合にはご使用をおやめください

上記について十分ご考慮いただいた上で、なおご不安がある場合には、ご使用を中止していただきますようお願いいたします。
ペットの種類・性格・行動を十分に把握し、ペットの個性にあった飼育環境をご選択・お考えください。

飼育について

鳥のひなをケージに入れてもいいですか?

「ケージdeファーミィS」を除く、ひな飼育向けの記載のないケージに直接ひなを入れないでください。ケガや事故になる恐れがあります。

ケージは基本的に成体(安定して大人餌を食べるようになり、しっかりした体格の健康な生体)を対象とした仕様となっております。使用する場合は、プラスチックケースなどケガの恐れのない安全なケースに入れることをお勧めします。

ヘビやネズミが出没します。大丈夫ですか?

ヘビやネズミなどが出没する場所にケージを置かないでください。ケージに入り込む危険性があります。
また、猫やカラス、猛禽類など他にもさまざまな動物がペットを襲う可能性がありますので十分ご注意ください。
外出や日光浴の際は、必ずそばに付き添って常に見守ってあげてください。

屋内にヘビが入り込む場合、飼い主様にとっても危険がございますので、屋内に入り込まないよう蛇除け対策をしてください。

お問い合わせ

「よくある質問」ページで解決しない場合は、
お問い合わせください。